Pocket

現在、住宅ローンが支払えなくなる原因の一つにゆとりローンというものがあります。ゆとりローンとはいったいどのようなローンだったのでしょうか。今回紹介をしていきます。

ゆとりローンとは?

かつて、夢のマイホームローンとして脚光を浴びた住宅ローンが、「ゆとりローン」です。ゆとりローンも現在のローン破綻の大きな原因の一つとなっています。

ゆとりローンとは、1993年に住宅金融公庫(現在の住宅金融支援機構)が商品化した住宅ローンになります。ローンを組んだ最初の5年間は超低金利で月々の返済額が少なくて済むというメリットがあるため「誰でも頑張れば家を持てる」と若い世代や低所得者層など多くの方が勘違いをしてゆとりローンを利用しています。

ゆとりローンの落とし穴

ゆとりローンには、大きな落とし穴があります。

ゆとりローンは最初の5年間は月々の返済額が安くて済むのですが、その間、元本はほとんど減っていません。その後、返済額がだんだんと高額になる仕組みになっているのです。

当初、5年間は返済期間を50年とした金利と返済額を設定し、6年目から金利は同じですが、通常の返済期間で返済額を見直し、11年目からは段階金利として金利自体が上がっていきます。

そのため、当初5年間で支払っていた金額が6年目以降は大幅に増え、11年目からローン返済が終わるまではさらに増えます。11年目以降の返済金額は当初5年間の月々の返済金額の倍近くになります。

バブル崩壊直前だからできた

ゆとりローンが始まった当時は、バブル崩壊前夜であり、現在の不況を予測することはできませんでした。

ゆとりローンが成立する条件というのは、終身雇用がきちんと機能しているうえで、定年まで給料に困らず、なおかつ、毎年給料もボーナスも上がること、そして、購入物件が将来的にも価値を持つことです。しかし、この条件を知らせることなく住宅金融公庫は契約者を増やしていました。

ゆとりローンは最終的には「国家的な詐欺」と言われ2000年に廃止されます。しかし、20年、30年という長期ローンでしたから、廃止以降も高い金利でローンを払い続けなければなりません。

そのため、現在、ゆとりローン利用者の多くがローン破綻により自己破産へ追い込まれるという状況になっています。

まとめ

ゆとりローンは、かつて夢のマイホームローンとして脚光を浴びた、住宅金融公庫(現在の住宅金融支援機構)が商品化した住宅ローンです。1993年に始まったものですが、最初の5年間は超低金利で月々の返済額が少なくて済む住宅ローンでした。

誰でも家を持てるとして、若い世代や低所得者層など多くの人がこのローンを利用しています。

このゆとりローンには大きな落とし穴があり、当初5年間で支払っていた金額が6年目以降は大幅に増え、11年目からローン返済が終わるまではさらに増えます。11年目以降の返済金額は当初5年間の月々返済金額の倍近くになります。

また、終身雇用が正常に運用され、定年まで給料に困らず、毎年給料もボーナス額もアップしていき、購入物件も将来的に価値を持つというのが、ゆとりローンが成立する条件であり、 バブル崩壊とともに国家的詐欺と言われながら、2000年に廃止されました。

しかし、ゆとりローンの利用者の多くがローン破綻により、自己破産へ追い込まれているというのが現状です。

Pocket