Pocket

minnna128_128住宅ローンの滞納から、任意売却を選択するときは、専門の不動産へ相談することが一番です。しかし、相談時にはどのようなことを相談すればいいのか、今回は紹介します。

相談時に聞くこと

任意売却の相談をすること自体、勇気のいることです。さらに、任意売却の相談をするということは、ローンの返済ができず二進も三進もいかない状態なので、何をどのように聞けばいいのか、混乱してしまい要領を得ないときがあります。

そのようなときに、事前にどのようなことを聞けばいいのかわかれば、その分精神的な負担が減っていいでしょう。

抵当権などを登記設定した債権者は、何社あるか?

任意売却の実務をおこなうにあたって、不動産に抵当権等担保権を設定登記した債権者の数が何社あるのかを知ることは、非常に重要なことになります。

通常は、第三者の買主に譲渡する際、買主の権利を阻害するすべての登記を抹消しなければならないからからです。もし、たったひとつであっても抵当権等が残っていますと不動産を購入するつということは、その借金のカタを含めて買うことになってしまうからです。

そのため、特別な意図がない限り、抵当権等が設定されたままの不動産を購入する人は、まずいません。

登記事項に何らかの権利が設定されている場合、その権利を設定しているすべての債権者と権利抹消をしてもらうよう、交渉をする必要がでてきます。

抹消する登記とは?

交渉によって抹消する登記は、下記のものになります。

  • 差押え
  • 仮差し押さえ
  • 抵当権
  • 根抵当権
  • 賃借権など

これらの権利を確認するためには?

相談を持ちかける人は不動産の素人の方ですから、不動産業者のように権利関係についてすべて熟知しているわけではありません。そのため、相談をする際は、権利関係の確認を自分ですると確認ミスが出てきてしまいます。

そこで、必ず最新の権利関係を登記事項証明書で確認してもらいましょう。

現在のどのくらい住宅ローンを滞納しているか

現在どのくらい住宅ローンを滞納していて、しているとしたらいつから滞納をしているのか、そして差押えはいつになるのか、という情報を伝える必要があります。

任意売却は、債務者(所有者)が主導となって自分の意思で売却することですが、そのためには、債務者の売却意思と同時に各債権者の了解を取る必要がでてくるのです。

通常、債権者は債務者がどんなに困窮していたとしても、感情的な理由により任意売却を認めるというケースは非常に少なくなります。

しかし、住宅ローンを支払うことのできない状況となり、期限の利益を喪失することにより、任意売却を行うことができるのです。

期限の利益が喪失は、金銭消費貸借契約書にあるとおり、一定期間の返済債務の滞納や自己破産などを行ったケースがあります。

しかし、状況に応じては、所定の期間を経ることなく前倒しで手続きをすすめてくれる債権者もいます。

また、すでに不動産が差押えられており、競売開始決定通知書が手元に届いていると、時間の猶予は無くなります。

不動産業者は相談者の滞納状況を知ることで、任意売却のタイムスケジュールを立てやすくなります。

まとめ

住宅ローンの滞納が長期化しますと、任意売却をするか競売をするかに迫られます。

任意売却を考えるのであれば、早急に相談をして、どのように処理をすればいいのか、最新の権利関係を登記事項証明書などの証明書などを集めて相談をしましょう。

Pocket