Pocket

house128_128住宅ローンをはじめとして、その他の借金によって自己破産をしたとします。その場合、個人再生とは異なりマイホームに住み続けることは不可能です。一見、マイホームに住み続けられそうな方法はありそうなのですが、そのどれもが難しく、場合によっては犯罪になってしまう可能性があります。

自己破産後にマイホームに住み続けるには?

済み続けることは不可能です。いくつか方法はあるのですが、現実的な方法ではありません。

マイホームを守る方法としては、個人再生が優れており、自己破産をしてしまったら、借金は0円になりますが、財産の多くを手放さなければならなくなります。

自己破産の前に名義変更を行う

自己破産をする前にマイホームの名義人を変更しておけば、例えば親族にマイホームを譲渡、マイホームの名義人を変更してから自己破産をするというのは、一見するとマイホームを守る方法として考えられるのですが、これは犯罪なので行ってはいけません。

この方法は、いわゆる財産隠しというものに該当する行為です。例えば、裁判所にばれてしまえば、譲渡は無効になります。自己破産をした後に、財産隠しが発覚してしまうと、それは詐欺破産罪という犯罪になり、罰金や懲役刑の対象になる犯罪です。

適正な価格で親族に売却をすれば、いいのですが、それ以外の方法は債権者に損をさせる行為として禁止されています。また、少しでも金額を裁判所が疑った場合、その売却を否定する可能性があります。

そのため、自己破産の手続きの後に、破産管財人が任意売却として親族へ売るという形になります。

親族間の売買では、住宅ローンを利用できない

任意売却にも関係のある話なのですが、親子間、親族間で住宅を任意売却する場合、一般的に金融機関で住宅ローンを組むことができません。そのため、破産管財人から任意売却としてマイホームを親族に買ってもらうには、親族が現金一括で購入することとなるでしょう。

自宅を現金一括で購入できる人物というのは、そんなに多くありませんし、そこまでしてもらうのであれば、その親族からお金を借りた方が現実的です。

第三者へ販売してリースバックする

マイホームに住み続ける方法の1つに、リースバックをするというものがあります。第三者からマイホームを借りるという方法ですが、これも自己破産をするとほぼ不可能です。

オーバーローンをしている場合、リースバック契約はほとんど不可能なので、親族に売却をしたほうが、どちらかといえばマイホームに住み続ける方法です。

共有名義で片方が自己破産をする

マイホームを共有名義にして、片方、例えば夫が自己破産をした場合ですが、これでもマイホームを守ることはできません。

住宅ローンが残っていると名義人のどちらかが自己破産をした時点で、競売にかけてマイホームを処分しようとしてますので、この方法を利用してもあまり意味がありません。

もし、住宅ローンの返済が終っていたとしても、夫の持ち分を妻が買い取ることが出来なければ、夫の持ち分を第三者に競売によって落札されてしまいます。

自己破産ではマイホームを守れない

一般的な方法ではなく、よほど稀なケースではない限り、自己破産をしてマイホームを残すというのは不可能です。

住宅ローンのみを払い続けるということもできませんので、自己破産をした時点でマイホームは諦めるしかありません。借金がなくなるので、まち一から仕切り直しをして新しく購入した方が現実的です。

まとめ

自己破産の申し立てをしてから、マイホームを守る方法ですが、ほぼないといえます。自己破産をした時点でマイホームは諦めた方がいいでしょう。

例えば、名義を変更させるという方法は、財産隠しになり、罰金や懲役の対象になります。親族へ任意売却をしたとしても、親族は一括でマイホームを購入しなければなりません。リースバック契約という方法もありますが、自己破産をしたものが利用するのは現実的でなありません。

つまり、どのような方法を利用しても、自己破産をした場合、マイホームを守ることはできません。

Pocket